藤花 風之音ふじはな しのね

  スピリチュアルセラピスト

ABOUT ME

人生のあらゆる「困った」に

​「大丈夫!の氣(エネルギー)」を届けたい。

 

空想大好き、不思議少女だった子ども時代。

 

和歌山県和歌山市に生まれる。

小学生の頃、学校では目いっぱい遊び、家ではずっ~と本を読んでいる子でした。

物語の世界に入り込み、楽しくて仕方ない。
今考えると、本の世界にタイムワープしていました。

それを察知していたのか…

母は私が本を読むのをとても嫌がり、母が仕事から返ってくると私の本の時間は終わり(泣)という生活を送っていました。

高校の頃も、授業中にタイムワープしていたり、

色々不思議な経験もあったのですが、自分には霊的な力はないと信じていました。


 

結婚、子育ての悩みの中、スピリチュアルとの出会いが。


高校卒業後は東京に進学。

その後、大学卒業と同時に結婚・出産。

 

15歳年上の夫の両親との同居でした。

子ども達は2人とも発達障害ということで、子育ても試行錯誤の連続。

夫や夫の両親との関係も微妙。悩みの尽きない日々でした。

心理学を学び、少しは楽になるものの根本的な解決には至らず。


そんなある日、
『いのちの輝き』というオステオパシー療法で有名な施術者が書かれた本が本屋さんの本棚で光っていました。

人が本来持っている自然治癒力を引き出し、命の輝きを取り戻す療法。

なんて素晴らしいんだろう!
それが今世のスピリチュアルの世界への出会いでした。

その時、私が今セッションでヒーリングしている頭蓋骨調整に既に出会っていたのです。

10年以上前に、私はヒーラーになることを決めていたんですね。
過去、現在、未来は本当に繋がっています。

 

 

アロマトリートメントをきっかけに、スピリチュアルカウンセラーに。

その数年後、またまた本屋さんですごく光る本が…。

それまで宗教的なことに興味がなかった私。

通るたびに光るその本に「結構です」とお断りしていたのですが

すごくアピールしてくるので、無視できなくなり手に取ったのが
「神との対話」という本(その頃すでに世界的ベストセラー)

その本を読み、スピリチュアルと共に生きたい。
スピリチュアルのお仕事をしたいと思うようになりました。

ですが、私の準備が整っていなかったので、その思いは数年叶わず。
経理職のキャリアが長くなっていきました。

その間に夫とは離婚。


そんな時、ひょんなことから、アロマトリートメントを学びました。

そのことがスピリチュアルの学びにご縁が繋がり、スピリチュアルなお仕事をすることに繋がりました。

 

 

スピリチュアルに問題を解決!多くの人に「大丈夫!」を届けたい

スピリチュアルな学びを通し、問題だったことは気づけば全て解決していました。

子ども達は発達障害だったと言っても信じてもらえないほど、普通に社会人になりました。


20代の頃から、友人たちは解決できないことがあると
「ちょっとお茶しようよ~」と私に会いに来てくれました。

気付けば悩み相談になっていて
別れる頃には「すっごく元気出た!ありがとう!」と感謝され

次に会った時には
「あれからすごく変わったの~♪」と報告を受けることが多かったのです。

友人は無意識的にここに行ったら解決する、って会いに来てくれて、私は無意識的にカウンセリングの実習をしていたのですね^^


現在は、ご本人が本来持っている輝きを取り戻していただくための、スピリチュアルなセッションを提供中です。

【アメブロ】https://ameblo.jp/egao-healing/

© 2023 by MATT WHITBY. Proudly created with Wix.com